当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. スクール事業
  4. プラチナ構想スクール
  5. 第10期
  6. 第1回

第10期プラチナ構想スクール

第10期プラチナ構想スクール 第1回

開催日時
2017年6月16日(金)~17日(土)
開催場所
(初日)霞が関ナレッジスクエア (2日目)千葉大学環境健康フィールド科学センター

 全国から21名の受講生が集まり、第10期のプラチナ構想スクールが6月16日からスタートしました。今回、第1回は、地域を変えていくリーダーに求められる素質、組織マネジメントのあり方等に関するカリキュラムで開催しました。
 当日は、受講生の他、本スクールの修了生や、法人会員など多くの方々にご参加いただきました。

 1日目の1限では、プラチナ構想ネットワーク 小宮山宏会長が、『プラチナ社会へ向けたイノベーション ‐プラチナ社会の実現に向けて‐』と題し、プラチナ構想の基本コンセプトとプラチナ社会実現に向けた方策についての講義を行いました。
 2限では、東京大学公共政策大学院 増田寛也客員教授より、少子高齢化や人口減少時代における施策や自治体職員の心得について、県知事や国務大臣を歴任されたご自身の経験も踏まえ、お話をいただきました。また、講義の後半には、各自治体の地域課題や政策について、講師と受講生の間で活発な意見交換が行われました。
 3限では、鹿児島県鹿屋市柳谷自治公民館 豊重哲郎館長より、柳谷集落における取組事例を基に、行政に頼らず住民自治を推進する方法や、地域の中でのリーダーシップ論についての講義をいただきました。 講義終了後には懇親会を開催し、参加者間の懇親を深めるとともに、本日の講師である小宮山会長、豊重館長を囲んで講義に引き続き熱い議論が行われました。

 2日目は、千葉大学柏の葉キャンパスにある千葉大学環境健康フィールド科学センターにおいて、課外講義及び植物工場の見学を行いました。千葉大学 古在豊樹名誉教授より、都市農業の意義や重要性、植物工場における生産技術の概要、植物工場等スマート農業の最新動向について解説していただきました。
講義後は、太陽光型・人工光型の両タイプの実際の植物工場を見学させていただきました。

プラチナ構想ネットワーク 小宮山宏会長 東京大学公共政策大学院 増田寛也客員教授
鹿児島県鹿屋市柳谷自治公民館 豊重哲郎館長 講義の様子
千葉大学 古在豊樹名誉教授 植物工場見学の様子
当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE