当会の活動

  1. ホーム
  2. 当会の活動
  3. スクール事業
  4. プラチナ構想スクール
  5. 第11期
  6. 第2回

第11期プラチナ構想スクール

第11期プラチナ構想スクール 第2回

開催日時
2018年7月13日(金)~14日(土)
開催場所
三菱総合研究所(東京都千代田区)

 2018年7月13日・14日、第11期「プラチナ構想スクール」の第2回を開催しました。 

 1日目の第1限目は、株式会社三菱総合研究所 主席研究員の松田智生氏より、働き方改革と地方創生を同時に実現する試みとして「逆参勤交代構想」についてご講義をいただきました。  第2限目は、北方建築総合研究所 所長の鈴木大隆氏より、自然エネルギーを生かした学校建築やエコ改修の事例、まちづくりにおける将来像の描き方、地域再生における「公共」の役割等についてご講義をいただきました。  第3限目は、株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役社長の加藤百合子氏より、農業の労働生産性を上げるための業務分析、農家同士で情報を共有することにより、移送コストを削減する「やさいバス株式会社」の仕組み、また、小学6年生から中学2年生を対象とし、農業を通じて不確実な未来を生き抜く力を身につけさせる「アグリアーツ」など、農業の可能性についてご講義いただきました。

 2日目の第4限目は、弘前大学大学院医学研究科 特任教授の中路重之氏より、青森県の現状と対策をベースに地域における健康づくりについてご講義いただいたほか、弘前市岩木地区の住民を対象に産官学民連携で実施している岩木健康増進プロジェクトについてご説明をいただきました。
 第5限目は、福岡看護大学 地域・在宅看護部門 教授の角森輝美氏より、福岡県久山町の保健活動や久山町研究、そして保健師の役割について具体例を挙げてご講義をいただきました。
 第6限目は、俯瞰工学研究所 代表の松島克守氏より、最終課題である「わがまちのプラチナ構想」を策定するにあたって、行動の構造化とプラチナ構想ハンドブックの活用についてご講義いただきました。

株式会社三菱総合研究所 主席研究員 松田智生氏 北方建築総合研究所 所長 鈴木大隆氏


株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役社長 加藤百合子氏 弘前大学大学院医学研究科 特任教授 中路重之氏


福岡看護大学 地域・在宅看護部門 教授 角森輝美氏 俯瞰工学研究所 代表 松島克守氏


講義の様子


当会について
プラチナ構想ネットワークとは
設立のビジョン・発起人
会則・入会について
会長 小宮山INFORMATION
組織体制
組織体系図
幹事会
会員
当会の活動
当会の活動
プラチナ大賞
プラチナシティ認定制度
シンポジウム
プラチナ懇談会
プラチナイブニングセミナー
女性の活躍
スクール事業
プラチナ議員勉強会
プロジェクト
ワーキンググループ
プラチナ構想ハンドブック
メディア情報
プラチナ構想ネットワーク
プラチナ大賞
会長 小宮山宏関連
コミットメント
会長 小宮山宏の提言
プラチナ構想に関する提言
講演情報
お知らせ
NEWS & TOPICS
募集のお知らせ
関連のお知らせ
サイトのご利用について
お問い合わせ
サイトマップ
個人情報保護方針
このサイトについて
関連のリンク
小宮山VOICE
小宮山VOICE