第4回プラチナ大賞

優秀賞

㈱ウェルシィ・㈱三菱ケミカルホールディングス(東京都)

地下水を飲料化する自立分散型給水システム
「地下水膜ろ過システム」による国内外の持続可能なまちづくりへの貢献

『ウェルシィの「地下水膜ろ過システム」は、地下水を飲料化する自立分散型の給水システムで、国内外の持続可能なまちづくりに貢献している。業界トップ企業として、これまで約20年間に病院・介護施設、商業施設、工場、自治体など全国44都道府県に累計1,180カ所以上の納入実績がある。2016年の熊本地震の断水地域においてもシステムは稼働し、導入4病院の病院機能維持に貢献。4病院全てがシステムの非常時用蛇口を開放し、断水で苦しむ近隣住民に無償で提供する社会的貢献を行った。導入メリットとして「BCP、CSR、経済性、環境保全」の4つが挙げられる。海外では、2013年に国連開発計画(UNDP)との共同事業でケニアの農村部に緩速ろ過装置導入した。同装置は電気を用いず水処理を行い、現地住民が主役となる水と農作物の販売モデルを構築し住民の経済的な自立支援を行った。ウェルシィは「持続可能な社会実現のため、社会・環境問題に積極的にチャレンジする」三菱ケミカルホールディングスグループのKAITEKIビジョンのもと、プラチナ社会の実現に貢献する。』

□関連リンク
なんとかしなきゃプロジェクト
UNDP
レジリエンス認証

お問い合わせ

(株)三菱ケミカルホールディングス
経営戦略室KAITEKIグループ倉本 信二

問い合わせはこちら

(株)ウェルシィ
常勤顧問 渡辺 愛彦

問い合わせはこちら

受賞団体トップへ戻る