ニュース

【12/12オンライン】対談講演会 北海道大学 寳金総長×小宮山会長「北海道2100年の景色」

2022年11月22日 募集

2022年12月12日(月)、プラチナ構想ネットワーク北海道支部の設立を記念し、北海道大学の寳金 清博(ほうきん きよひろ)総長と小宮山による対談講演会をオンライン開催します。是非、ご参加ください。なお、北海道内の自治体首長会員さまには別途ご案内を差し上げます。

  • 【イベント概要】
  • 北海道大学第二回北海道創発会議 × プラチナ構想ネットワーク北海道支部設立記念「北海道2100年の景色」
  • 日時:2022年12月12日(月) 16:00~18:00
  • 会場:YouTube配信(招待客のみ会場参加可)
  • 参加費:無料
  • 主催:北海道大学、北海道大学COI-NEXT、一般社団法人プラチナ構想ネットワーク
  • 共催(予定):SUNDRED株式会社、えぞ財団、産学融合拠点創出事業「チャレンジフィールド北海道」
  • 申込:https://peatix.com/event/3420955/
  • 問い合わせ:北海道大学 産学・地域協働推進機構 社会・地域創発本部 011-706-9602 coi-event[a]fmi.hokudai.ac.jp

  • 【プログラム】
  • 16:00~16:15 開会挨拶・趣旨説明
  • 16:15~16:30 ご来賓挨拶(北海道庁、文部科学省、札幌市)
  • 16:30~17:45 対談「北海道2100 年の景色」(北海道大学 総長 寳金 清博 × 当会会長 小宮山 宏)
  • 17:45~18:00 閉会挨拶

  • 【イントロダクション】
  • 北海道大学は、Vision「卓越した研究(Excellence) から、社会的インパクトを創出する(Accessibility) 大学へ」を掲げ、「公共財、Public Good」として北大の価値・reputation を高めていくことをめざしています。北海道は、豊富で厳しい自然のなか開拓150 年以上が経ち、北海道大学も4 年後に150 周年を迎えます。そして今、私たちは温暖化による環境、少子化、人生100 年時代の健康、食・エネルギーの安定など、新たな社会課題に直面しています。
  •  北海道の次の100 年に向け、vision「プラチナ社会=地球が持続し、豊かで、すべての人の自己実現を可能にする社会」を掲げ活動する小宮山と、“「光」は「北」から、「北」から「世界」へ”をスローガンに、社会と歩む卓越大学「Accessible Excellence」をめざし活動する北海道大学総長寳金氏の対談を「北海道2100年の景色」をテーマに開催させていただきます。
  •  みなさまと一緒に“北海道の未来の景色”、“私たちのWell-being”、“私たちの幸せ” についてゆっくり考える機会にしたいと思います。

ページの先頭へ
閉じる