会員連携支援事業

会員連携支援事業とは

技術・ノウハウを持った法人会員(法人・ベンチャー企業)とフィールドを持った自治体会員を結びつけ、
社会課題解決に向けたプロジェクトの実現を支援します。

(1)ねらい

プラチナ構想の社会実装に向けては、会員相互の連携、特に法人会員(法人・ベンチャー企業)が持っている技術・ノウハウと自治体のフィールドを組み合わせることが有力なアプローチです。
この事業は、事業連携パートナー募集、ビジネス提案のユーザー募集、事業展開フィールドや実証フィールドの募集など、プラチナ構想の社会実装につながる提案を募集し、事務局介在して会員相互のマッチングによる社会実装支援を行っています。

(2)提案とマッチング

これまでに30件の提案を受けています。
約100件のマッチングアクションにつながり、約50件の案件が成立しています。

         マッチング実績

ページの先頭へ
閉じる