プラチナ保健師プロジェクト

目的

保健師、看護学生、自治体行政職を対象として、福岡県久山町での「久山町×九州大学」の住民集団健診の見学等を通じて、効果的な保健指導を学び、他地域における久山町の優れた取組の横展開をねらいとしています。
また、未来の保健師を目指す看護学生が優れた保健活動を現場で体験することにより、職能教育を行うと共に意識の高い人財を育成します。
2020~2021年度は新型コロナウイルスの影響で休止しました。

研修概要

(1)久山町研究の成果

(2)疫学研究と共働しての保健活動

(3)久山町生活習慣病予防健診の見学

(4)久山町保健師との意見交換

(5)久山町住民、役場職員との交流

(6)合宿形式による参加者間の意見交換

講師

角森 輝美 氏

福岡看護大学 地域・在宅看護部門 教授

清原 裕 氏

九州大学 名誉教授、久山町ヘルスC&Cセンター センター長

吉田 大悟 氏

九州大学大学院 医学研究院 衛生・公衆衛生分野 助教、医学博士、保健師

ページの先頭へ
閉じる