プラチナ構想スクール

目的

プラチナ構想スクールでは、「プラチナ社会」実現に向けて解決すべきエネルギー・環境問題、少子高齢化など、自治体職員の課題認識力・解決力の習得やリーダーシップ・マネジメント力など実践的知識の習得を目指しています。
幅広い人的ネットワーク(最先端・最高レベルの支援リソース)の形成、地域発展の原動力を有する人財の育成、自治体へのプラチナ構想の普及をねらいとしています。
これまでに14期を実施し、延べ78自治体・259名の修了生を輩出しています。

カリキュラム

(1)講義

(2)グループワーク

(3)フィールドワーク

(4)わがまちのプラチナ構想(卒論)

実施概要

開催日程

約1ヶ月毎に2日開催(木曜日午後・金曜日午前)
1コース全7回(1年に1コース開講)

参加者数

約20名/1期ごと

開講場所

三菱総合研究所4階会議室(東京都千代田区永田町)

受講料

無料(交通費・宿泊費は参加者負担)

ページの先頭へ
閉じる