サーキュラーエコノミーWG

目的

本ワーキングでは、検討対象であるサーキュラーエコノミー(循環型経済)の範囲を、モノ(物質)の循環によるムダ(廃棄物など)の削減、資源のフル活用(効率的、効果的な利用)に限定せず、ヒトの活躍の場の拡大、交流人口の拡大、サービスによる製品のフル活用(シ ェアリングなど)、公共インフラの長寿命化などに拡大しております。これらの実現による新たな経済活動やビジネスの創出を目指して検討しています。
本ワーキングでは、サーキュラーエコノミーに係る総論や大きなトピックに関する情報の共有や議論を行う「全体WG」と、個別具体のテーマの社会実装を目指す「分科会」とで構成しています。      

実施概要

分科会

逆参勤交代、地域グリーン水素 など

主査

古山 通久氏
(株式会社 X-Scientia(クロスサイエンティア)代表取締役
信州大学 先鋭材料研究所 教授
株式会社マテリアルイノベーションつくば 研究戦略企画部長)

メンバー

会員

事務局

一般社団法人プラチナ構想ネットワーク

         開催一覧

ページの先頭へ
閉じる